キス釣り

シロギスは海水温の上昇にともない、5月前後に堤防・護岸まわりの浅場に接岸してくる。
大型で体力がある個体ほど早く浅場に展開しやすい傾向にあるため、アタリは少ないものの、シーズン初期(4~6月)ほど大型狙いにおすすめ。
梅雨明け後の8月、すっかり高水温期になると、「ピンギス」と呼ばれる小型のキスの群れが濃くなり、数釣りシーズンが到来。
数度の台風通過を経て、9月10月と海水温がじわじわ低下しはじめると、キスは浅場からぬけて、海水温が安定する深場に落ちていきます。
結論から言えば、早朝勝負になります。
キスに限らず、様々な魚にも同様のことが言えるため、この基本を実践していけば、釣果は上がってくるはずです。
具体的な時間は、潮の状況や天候によって左右されては来ます。
それでも敢えて言うのであれば「日が昇る直前ぐらいから2時間」といったところです。
釣れるなと感じる時間帯が、この2時間というわけです。
このゴールデンタイム後、暫くは釣果が上がってこないため、ここからはキスとの頭脳合戦に。
このとき、大型船が接岸する水深がある大規模漁港や深くえぐれた船道がある港では、11月・12月も大型のシロギスを狙うことができます。
以上から、ちょい投げ(数十m投げる程度)でキスを狙うコアシーズンは、夏から秋と覚えておきましょう。