ギネスブックって実は本の名前だった

ギネスブックは酒のつまみとして作られた。
世界一の記録ばかりを集めたギネスブックは英国のビール会社ギネス社が発行元であるビールと世界一の本この畑違いの両者はどこでどう結びついたのでしょうか。
ギネスブックの出版を考案したのはギネス車の専務だった人物1954年のある日彼はアイルランドへ漁に出かけましたそこでハンター仲間と最も速く飛ぶ鳥は何かという色になります議論が盛り上がるうち彼の頭に閃くものが世界記録の話ばかりを集めた本を作れば酒飲みの話は大いに盛り上がりビールの売り上げが伸びるのではというわけでギネスブックはビールの販売促進策岩場酒のつまみとして作られた本なのです
アマチュアでもプロゴルフツアーに出ることができる。
アマチュアゴルファーがプロの試合に出るためには参加選手は事前に賞金獲得放棄の承諾を契約書にサインする必要があります。
アマチュアゴルファーがプロツアーのトーナメントで優勝すればプロ宣言をすることができプロゴルフ協会からプロとして認められます。
実際 アマチュア優勝を果たした選手は2人存在し例えばあの石川遼選手は2007年5月に国内男子ツアーマンシングウェアオープン KSB カップに初出場し史上最年少の15歳8ヶ月で優勝しています。
ちなみにアマチュアの選手が優勝した場合賞金は2以下のプロ選手たちに分配されるそうです。