個人情報を守りながら仕事をする

ストーカーという言葉が市民権を得たのは、記憶が正しければ桶川のストーカー殺害事件だったように思います。
学生や会社員、窓口の仕事やスーパーのレジ係に至るまで人目に触れて何らかの誤解を受けたりストーカー被害にあう可能性は誰しも持っていますが、ネット上での仕事であれば直接誰かに会うことがないので安全性が高いと言えます。
たとえばメールレディなら、メールレディ メールのみ おすすめであり個人情報は安全です。
ただ、リアルでは誰しも個人情報の不用意な流出には注意しますが、これがネット上での付き合いとなると顔が見えない匿名性から意外と無防備になる人が少なくありません。
メールレディでも匿名だという安心感から自分で自分の情報を出してしまい、相手に特定されてストーカーされるという事案は殊の外多くあるそうです。
これはメールレディに限ったことではなく、匿名掲示板やSNSも同じなのでネットを使うには一定のネットリテラシーを持つことが求められます。
これは自分を守るためでもあり、また他者を守るためにも必要な考え方でしょう。
一昔前は雑誌に文通希望などと住所や氏名を掲載していましたが、今になると考えられませんね。