冬眠の研究

ペット樹木森の生態系について研究している私はいち早くその変化に気がついた。
森にはたくさんの動物が生息しているのだがその動物たちの冬眠の痕跡が見当たらないのだ。
動物は冬眠しなければ冬を越せないはずである。
私はその原因を探る調査を始めたそしてその結果がある木の存在を発見した。
その日は冬前になるとばかりとその幹が割れてなんとその中に動物を受け入れる動物を受け入れた後木の幹は元の形に戻る機の中は温度が一定に保たれる。
動物は木の中で冬眠をしてはるに機の中から出てくるんだろう。
私はその木の存在を知って危機感を覚えた。
気による冬眠に適応したらその動物は冬眠の仕方を忘れてしまうのではないか。
毎日根気が絶滅したら一気に他の動物たちにも影響が出る可能性がある。
しかし結論を出すのはまだ早いもっと研究を重ねなければある年の冬私は動物を受け入れている木の幹を切ってみることにした。