本場、韓国の「ヨモギ蒸し」体験!

私が「ヨモギ蒸し」をはじめて体験したのは韓国のソウルです。ホテルの近くにガイドブックに載っていないような大衆銭湯があり、さっそく行ってみることに。狭い路地を通って、いざ銭湯へ。英語も日本語表記もありませんでしたが、受付の人は外国人になれているようでした。浴場は、大きめの薬草風呂が二つと奥にサウナのような部屋がありました。中に入ってみると、むっとする蒸気と青臭い薬草の香りがしました。そして、壁にそって真ん中に穴の空いたイスがいくつも置いてありました。薬草の煙が充満するなか、中年の女性たちが、大きめのタオルを身体にまいたり、小さいタオルをちょこっと肩にかけたり思い思いに座っていました。
 ヨモギ蒸しのことは知っていたので、「これだ!」と思いさっそく座ってみました。思っていた以上に熱くなく、温かい蒸気が上がってきます。自前のバスタオルで身体を包んで、じんわり汗がでるまで粘りました。部屋の空気は熱くないのでサウナのようにきつく感じませんでした。
 極寒のソウルの町をホテルまでかえる道のり、身体はぽかぽかでした。その暖かさは、かなり続き、わずかに身体に残った薬草の香りとともにぐっすりと眠ることができました。旅行で便秘気味だったのですが、血の巡りが良くなったせいか次の日はすっきりでした。
温活よもぎ家が20%OFF