週5日勤務は常識だと勘違いしてませんか?

「1週間に5日働くのが社会人の常識!」

このような声が聞こえてきそうですね。
私も、社会人になって1週間に5日勤務するのは当然だと思っていました。

でも、この5日勤務は常識でもなんでもありません。
なぜなら、会社によって1週間に4日勤務など短い日数のみで、でも生産性は落とさない会社が増えています。

さらに、政府も選択的週休3日制など新しい働き方実現に向けて動いています。

つまり、1週間に5日働く、週5日勤務は常識でもなんでもありません。
4日のみ働く人にとっては「非常識」とさえ感じることでしょう。

なので、週5日も働きたくない人は週5日勤務から脱却しましょう。
週4日勤務の会社に転職やリモートワークを導入する企業へ転職するなど。

実際に新しい働き方に触れることで、視野も広がります。
今まさに働き方を見直したい方は、ぜひ参考にしてみてください!

参考:「週5日も働きたくない!」なら働き方を見直してみては?【多様な働き方も紹介】