キス釣り

シロギスは海水温の上昇にともない、5月前後に堤防・護岸まわりの浅場に接岸してくる。
大型で体力がある個体ほど早く浅場に展開しやすい傾向にあるため、アタリは少ないものの、シーズン初期(4~6月)ほど大型狙いにおすすめ。
梅雨明け後の8月、すっかり高水温期になると、「ピンギス」と呼ばれる小型のキスの群れが濃くなり、数釣りシーズンが到来。
数度の台風通過を経て、9月10月と海水温がじわじわ低下しはじめると、キスは浅場からぬけて、海水温が安定する深場に落ちていきます。
結論から言えば、早朝勝負になります。
キスに限らず、様々な魚にも同様のことが言えるため、この基本を実践していけば、釣果は上がってくるはずです。
具体的な時間は、潮の状況や天候によって左右されては来ます。
それでも敢えて言うのであれば「日が昇る直前ぐらいから2時間」といったところです。
釣れるなと感じる時間帯が、この2時間というわけです。
このゴールデンタイム後、暫くは釣果が上がってこないため、ここからはキスとの頭脳合戦に。
このとき、大型船が接岸する水深がある大規模漁港や深くえぐれた船道がある港では、11月・12月も大型のシロギスを狙うことができます。
以上から、ちょい投げ(数十m投げる程度)でキスを狙うコアシーズンは、夏から秋と覚えておきましょう。

医療レーザー脱毛の痛みについて

脱毛にはある程度の痛みがありますが、どんな脱毛をするかでも痛みは異なっています。医療レーザーを使って脱毛を行うと、エステで脱毛を利用するよりも、痛みが強くなります。エステと、医療クリニックとでは、脱毛器機の出力が異なることが主な理由です。医師の資格を持っている人でなければ扱うことができない医療レーザーで脱毛をすることが、医療レーザー脱毛の特性といえます。エステで受ける脱毛より、医療レーザーを使った脱毛のほうが痛みが強いですが、体のどこを脱毛するかでも痛みは違います。皮膚が薄くて繊細なデリケートゾーンなどは、強い痛みを感じることがあるといいます。医療クリニックで全身脱毛施術を受ける時でも、強い痛みが発生する部分と、それほど痛くないという部分とがあります。脱毛施術に関する技術が進んだことで、この頃はそれほど痛みがない医療レーザーもあるようです。かつて使っていた医療レーザー器機よりも、大幅に脱毛時の痛みが少なくなっているような器機を使う施設もあります。回数を重ねるごとにムダ毛ば弱くなり、脱毛施術時の痛みも感じにくくなります。痛みを我慢するのが苦手だという人は、あらかじめ麻酔クリームを塗ってから脱毛をするという方法もあります。医療レーザーでの脱毛を行う際に、麻酔クリームを使う場合は別途お金がかかりますので、クリニックに問い合わせる必要があります。
プログラミングスクール 学割

圧着タイツでないと物足りない

娘の部屋のゴミ箱にタイツが捨ててあった。
ゴミ箱にあるってことは、もう履かない?と思った私は、そのタイツを洗って履くことにした。
翌日
娘、「さっきから何をしているの?」
私、「このタイツ、小さいのよ」
娘、「そのタイツ、私のじゃない」
私、「貴方のじゃないわよ、ゴミ箱にあったのだから」
娘、「勝手にゴミ箱を漁らないでよ」
私、「履けないから捨てたの?」
娘、「失礼ね、履けるわよ」
私、「このタイツ、小さくない?」
娘、「着圧タイツだから、小さく感じるだけよ」
私、「着圧って何?」
娘、「マッサージ効果があるのよ」
私、「履くだけで?」
娘、「そうよ」
マッサージ効果があると聞かされたら、小さくても履き続けてみた。
娘、「着圧タイツを履いてみてどうだった?」
私、「何が?」
娘、「マッサージ効果はあった?」
私、「分かんないわよ」
娘、「足の浮腫みはどう?」
私、「足の浮腫みはずっとあるわよ」
旦那、「・・・(笑)・・・」
私、「笑ないでよ」
旦那、「ごめん」
私、「タイツを脱がしてくれない」
娘、「自分で脱げないなら、タイツなんて履いちゃだめよ」
私、「ごめん」
娘、「脱がしてあげるから、足を上げて」
両足を上げると、娘が着圧タイツを引っ張ってくれて脱ぐことが出来た。
私、「足を上げていたほうが浮腫みは解消される」
娘、「だったら、圧着タイツはもう履かないで」
と言われたが、他に履けるタイツはないため履き続けると、数日でグラマラスパッツに慣れ、現在は圧着タイツでないと物足りさを感じる。